リロケーションの注意点

リロケーションをするには、自分で入居希望者と直接賃貸借契約を結ぶ方法と、リロケーション会社に貸してリロケーション会社が入居者へ転貸する方法とがあります。自分で直接賃貸借契約を結ぶといっても入居希望者を探したり契約書を交わしたりというのはとても大変なことです。

そこで、所有者と入居者とが契約を結ぶもののリロケーション会社が代理として審査や契約を行なってくれることもできます。これはリロケーション会社によって契約内容が変わってくるので事前に確認しておく必要がありますし、内容によって手数料も異なってくるので確認が必要です。

また、貸すということは資産の運用としては有効であり、自分が家を離れいている間のローンや税金の支払いの負担を楽にすることができますが、戻ってきたときに自宅の状態によってはリフォームをすることが発生する可能性もあります。貸すからにはメリットもデメリットもあることを理解した上で納得してリロケーションすることが重要です。

そして、最後にリロケーションをする際に管理を依頼する会社も重要です。一括見積もりのサイトもありますから複数の会社を比較検討して月々の家賃収入や手数料、対応の面で最も安心して任せられると思える会社を探し出しましょう。

リロケーションのメリットとデメリット

リロケーションのメリットとしては、空き家にした自宅の家賃収入が得られるという点と入居者がいること定期的な清掃や空気のいれかえで家の状態が保たれるという点です。多くの人は前者に目が行きがちですが、実は後者がとても大きなメリットです。空き家というのは湿度が戸内に充満することで壁紙が浮いてきたりカビが発生したりしてダメージが出てきやすいです。入居さがいることで自然に換気がされますし、不審者の侵入を防ぐ効果もあるのです。

ただし、デメリットとして人がいるということによる汚れも発生する可能性があります。美意識や衛生観念は人によって異なるために、戻って愕然とする可能性もあります。生活すれば汚れも傷もできて当然であるものの退去する際の原状回復やクリーニングについてはしっかりと話し合っておくべきです。

また、万が一状況が変わって自分が早めに戻ることになったり、さらに家を空ける期間が延長となる場合もありますし、逆に貸している相手に同じことが起こる可能性もあります。このようなことになると家賃が受け取れなくなってしまう場合もありますし、自分も地元に戻ってきているにもかかわらず自宅に戻れないということもあります。

マンションのリロケーション

せっかく家を購入したのに転勤や海外赴任、介護のような家族の都合で一時的にその場所を離れて生活をしなければならない状況になることもあります。その際、せっかく購入した家を手放すことはしたくないものの空き家にしておくと家のローンを返済しながら転居先の家の家賃の支払いをしなければならないと言う状態になります。それだけでなく、住んでいなくても固定資産税の支払いが発生してしまいますからかなりの出費となってしまいます。

そこで、一定期間だけ家を貸すことをリロケーションと言います。転勤のように自宅を離れる期間が明確になっている場合には、その期間だけ貸すことにして、賃貸期間が終わればそのまま自分の家に戻ることができます。自宅の様式が、マイホームから貸家となりマイホームへと戻るように自宅の利用用途を転換していくことから配置転換と言う意味を持つリロケーションという呼び方がされています。

このように、リロケーションをすることはマンションであっても一戸建てであっても自宅を一定期間離れる人にとってはとても便利なものですし、貸したい人も借りたい人もいますからニーズにあった方法であると言えます。しかし、個人同士でこのような契約をすることはとても難しいですし、トラブルの不安もあります。2000年に定期借家契約という期間限定の賃貸借契約が可能になったこと、間を取り持ってくれる管理会社が増えたことでリロケーションを行いやすくなりました。そこで、ここではリロケーションのメリットとデメリット、注意点を紹介していきます。