リロケーションの注意点

リロケーションをするには、自分で入居希望者と直接賃貸借契約を結ぶ方法と、リロケーション会社に貸してリロケーション会社が入居者へ転貸する方法とがあります。自分で直接賃貸借契約を結ぶといっても入居希望者を探したり契約書を交わしたりというのはとても大変なことです。

そこで、所有者と入居者とが契約を結ぶもののリロケーション会社が代理として審査や契約を行なってくれることもできます。これはリロケーション会社によって契約内容が変わってくるので事前に確認しておく必要がありますし、内容によって手数料も異なってくるので確認が必要です。

また、貸すということは資産の運用としては有効であり、自分が家を離れいている間のローンや税金の支払いの負担を楽にすることができますが、戻ってきたときに自宅の状態によってはリフォームをすることが発生する可能性もあります。貸すからにはメリットもデメリットもあることを理解した上で納得してリロケーションすることが重要です。

そして、最後にリロケーションをする際に管理を依頼する会社も重要です。一括見積もりのサイトもありますから複数の会社を比較検討して月々の家賃収入や手数料、対応の面で最も安心して任せられると思える会社を探し出しましょう。