マンションのリロケーション

せっかく家を購入したのに転勤や海外赴任、介護のような家族の都合で一時的にその場所を離れて生活をしなければならない状況になることもあります。その際、せっかく購入した家を手放すことはしたくないものの空き家にしておくと家のローンを返済しながら転居先の家の家賃の支払いをしなければならないと言う状態になります。それだけでなく、住んでいなくても固定資産税の支払いが発生してしまいますからかなりの出費となってしまいます。

そこで、一定期間だけ家を貸すことをリロケーションと言います。転勤のように自宅を離れる期間が明確になっている場合には、その期間だけ貸すことにして、賃貸期間が終わればそのまま自分の家に戻ることができます。自宅の様式が、マイホームから貸家となりマイホームへと戻るように自宅の利用用途を転換していくことから配置転換と言う意味を持つリロケーションという呼び方がされています。

このように、リロケーションをすることはマンションであっても一戸建てであっても自宅を一定期間離れる人にとってはとても便利なものですし、貸したい人も借りたい人もいますからニーズにあった方法であると言えます。しかし、個人同士でこのような契約をすることはとても難しいですし、トラブルの不安もあります。2000年に定期借家契約という期間限定の賃貸借契約が可能になったこと、間を取り持ってくれる管理会社が増えたことでリロケーションを行いやすくなりました。そこで、ここではリロケーションのメリットとデメリット、注意点を紹介していきます。