リロケーションのメリットとデメリット

リロケーションのメリットとしては、空き家にした自宅の家賃収入が得られるという点と入居者がいること定期的な清掃や空気のいれかえで家の状態が保たれるという点です。多くの人は前者に目が行きがちですが、実は後者がとても大きなメリットです。空き家というのは湿度が戸内に充満することで壁紙が浮いてきたりカビが発生したりしてダメージが出てきやすいです。入居さがいることで自然に換気がされますし、不審者の侵入を防ぐ効果もあるのです。

ただし、デメリットとして人がいるということによる汚れも発生する可能性があります。美意識や衛生観念は人によって異なるために、戻って愕然とする可能性もあります。生活すれば汚れも傷もできて当然であるものの退去する際の原状回復やクリーニングについてはしっかりと話し合っておくべきです。

また、万が一状況が変わって自分が早めに戻ることになったり、さらに家を空ける期間が延長となる場合もありますし、逆に貸している相手に同じことが起こる可能性もあります。このようなことになると家賃が受け取れなくなってしまう場合もありますし、自分も地元に戻ってきているにもかかわらず自宅に戻れないということもあります。